私たちが目指すこと
私たちが目指すこと
沖縄の海をみんなで楽しみ、
みんなで守ろう

「美(ちゅ)ら海ゴミゼロプロジェクト」は、ダイビングスクール「スキューバカンパニードルフィン」代表の高宮 大輔と、「水中ゴミ拾い」専門の次世代ダイビングショップ「Dr.blue」代表の東 真七水が発起人となり、沖縄の豊かな海を守っていくことを目指すプロジェクトです。

『沖縄発の新しいマリンアクティビティ』として、ビーチクリーンやゴミ拾いという行為そのものを日常的に楽しみ、気軽にシェアしあえる日常を提案します。

私たちが掲げる「楽しみ」とは決して「楽観的に考えよう!」という趣旨のものではありません。「楽しく/まじめに」今、起きている海洋問題をしっかり捉え、楽しみながら解決していきたい。そんな想いを内外に発信していきます。

私たちの想い
スキューバカンパニードルフィン
高宮 大輔(たかみや だいすけ)
環境問題について明るく楽しく、
時に真面目に考え、行動していきたい

日本が世界に誇る沖縄の海。サンゴ礁は「海のゆりかご」とも呼ばれ、世界の生態系にもつながり、重要な役割を果たしています。
そんな豊かな海を悩ませているのが、マイクロプラスチックをはじめとする海洋ゴミです。年間数百万トンの海洋ゴミが発生し、近い将来には地球上に生息する魚たちの数を上回るとも言われています。
そこで、"水中ゴミ拾いダイビング"を提唱する「Dr.Blue」や海洋環境問題に取り組む人々を応援し、それをきっかけに誰もが自由に関わり合えるプロジェクトを立ち上げました。

私たちはこれからも、ネガティブになりがちな環境問題について明るく楽しく、時に真面目に考え、行動していきたいと思います。

スキューバカンパニードルフィン
高宮大輔
東真七水
水中ゴミ拾い専門店 Dr.blue
東 真七水(あずま まなみ)
1人の100歩より100人の1歩

ゴミ拾いと向き合ってきて、日々痛感していること、それは「私一人でどれだけゴミを拾っていても海が汚れていくのを止めることはできない」ということです。

「1人の100歩より100人の1歩」。この言葉を大切にしながら、水中ゴミ拾いと日々向き合ってきました。

これまでクラウドファンディングや、FiNANCiEを通じて、従来とは異なる方法でゴミ拾いに取り組み、新しい形で発信することで、今まで接点を持つことができなかった方々と一緒に活動を盛り上げることができればとても嬉しいです。

ドクターブルー
活動計画
皆で楽しく豊かな海を守る

530(ゴ・ミ・ゼロ)を合言葉に、FiNANCiEのトークン発行と、トークンを基盤とした共創コミュニティを活用して、環境問題解決に向け熱心に取り組む人と、それを応援し見守る人が、より身近な“パートナー”となってWin-Winの関係を築いていける、これまでにない仕組みづくりにチャレンジしています。

ライフワークとして取り組んでいる日々の活動発信に加え、ゴミ拾いダイビングの事業化やプロジェクト主催のイベントや、アンバサダーとのコラボ企画など、自治体や企業にも働きかけながら「沖縄発の新たなマリンアクティビティ」として国内外から注目いただけるものを目指します。

このプロジェクトのマイルストーンは「皆で楽しく豊かな海を守っていくこと」です。

互いを尊重しながら、プロジェクトを盛り上げていきましょう

活動計画
参加企業
  • フィナンシェ
  • ドクターブルー
  • スキューバカンパニードルフィン
お知らせ
インスタグラム